とあるセミナーに学校の先生方と一緒に参加して・・・   

先日、宇都宮大学での、『授業で英語を多く使うたろに』というワークショップに参加してきました。基本、先生方、または教育学部の学生むけなのですが、「英語教育に興味のある方」もOKということで、参加してきました。

内容は・・・こちらの先生のblogをご覧になるといいとおもいます。(許可をいただいて、リンクを張らせていただきました。)

教育者で、ない人は、名簿をみるかぎり、私一人?・・まあ、いいか。
今回、小学校、中学校、高校の先生・・と幅広くあつまっていらっしゃたので、なかなか話しを調整していくのはむすがしかったとおもいますが、この場合、共通事項は、「英語」ではなく「教育」になるんですよね。

Miekoおばさん、こと私、自宅でも英語教室ほそぼそと開いてはいますが、この英語教室と、英語絵本読み聞かせ活動、と英語絵本の共通点は、「英語」であり、「楽しむ」ということ。

ワークショップに参加させていただいて、「まず教育がある」・・・これは『学校の先生』としてあたりまえのことなのだ、と今回は痛切に感じました。

英語絵本読み聞かせでは、単純に「楽しいな」と感じてもらえればいいな・・とこの「単純さ」がfunであり、
そう「楽しむ」ということを通して「聴く態度をみにつけ」、「興味をもつことをふやす」というのが、教育的観点であり、interestingになるんだな・・

と今回、ちと「教育現場」と「ボランテイァ活動」の線引きみたいなものをかんじとった気がしたワークショップでした。

by hanz01jp | 2013-02-19 09:03 | 一人ごと | Comments(4)

Commented by Taka at 2013-02-19 10:25 x
Miekoさん


初めてコメントをさせていただきます。
拙ブログのご紹介,ありがとうございました。

教員や教員志望の学生がほとんどのaway環境の中,よく参加してくださいましたね。
(英語教室の方なども他にもいらっしゃっていましたよ!)

まずは教育,という側面は確かにあると思います。

ただ,私たちも,子どもたちの学習への動機付けのために,fun,という側面にもかなりの関心を寄せています。

中学生だと絵本を,というふうにはならないかもしれませんが,多読活動として,Graded readersなどを活用し,free voluntary readingなどを実践している人たちもいます。

子どもたちの英語への興味・関心,そして英語習得がゴールではなく,英語を使って人とつながる,絵本やメディアとつながる・・・そういう意味では,コアは一緒だと思います。

どうですか?

毎月第4木曜日の19:00~,県内の小中高大,一般の方で自主的な研究会を行っています。

よろしければどうぞ!!
Commented by hanz01jp at 2013-02-19 15:14
Taka先生、コメントありがとうございます。
はい、「英語を使って」・・「人とつながる、絵本、メディアとつながる」そのコアは一緒だと思います。というか、そのコアがあいまいで、ただただ、詰め込まれていく教育のように感じ、この「英語絵本活動」をはじめています。
「どうせ英語つかわないし、できないし、・・・」という中学生・高校生にふれることが多く、いや、英語を仕事で使わなくても、なにか楽しいことができるよ・・と私自身を生徒さん(自宅では英語塾を開講しているので、)にみせたく、ボランティア活動として動いています。
一方で「教育論」を知らずに動いていくのも、また、限界があるな、と思うこの頃でしたので、ああいうワークショップに参加できてとても参考になりました。
木曜の会、基本その時間仕事ですので、参加はむずかしいのですが、休みの時はぜひ参加させてください。連絡いたします。
Commented by Hisae at 2013-02-23 07:38 x
Miekoさん、Hisaeです。セミナーの様子をお聞かせ頂きありがとうございました。

Taka先生、blogを拝見させて頂きました。セミナーの様子がより具体的に分かり、そしてTaka先生の英語教育への熱意を感じる事ができました。

英語絵本ワークショップの会に所属し、ボランティアで小学校の英語活動に関わっている私も、今回のセミナーに参加したかったのですが、体調を崩して参加を見送りました。自主的な研究会をおこなっていらっしゃるとの事、私も都合がつけば、参加させて下さい。

研究(science)もそうですが、異分野の方からの意見や見解が思わぬbreak-throughとなり、uniqueな研究ができる事があります。実際各分野のこだわりやしがらみがあって、簡単に手を繋げないのが日本の研究者ではありますが(残念)。英語教育もより開かれたものになれば、uniqueなapproachが生まれるのではないかなと思います。
Commented by hanz01jp at 2013-02-25 09:15
Hisaeさん、コメントありがとうございます。うれしいですね・・。『英語ってな何かな?』と思うこのごろ、いろいろな人達とやはりつながっていかないと、自分も前にすすまないし、人も生徒もついてこないな、と思うこのごろです。研究会一緒にいきましょう・・・あとで相談。

<< 英語絵本勉強会2月 あゆみ保育園 2月 >>