<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

Mayuka Habbick きたる・・1月の話ですが・・   

今年もMayuka Habbickさんが宇都宮にきてくれます。
2部構成です。
申し込みはまずメ-ルでお願いします。
そのあと、パソコンメ-ルをうかがって、添付で、資料をおくります。

1/30 土曜日 市民サポ-トセンタ-(東コミュニティ-センタ-内)
・10時から11時30分 英語絵本読み聞かせ
大人または1組 前振込み1000円(ただし、当日は1500円)、小学生以上のお子様のみ参加の場合は500円

Mayuka Habbickのリ-デイングの世界にどっぷりひたってくださいませ。
ただ、幼児さん向けとか、小学生向けとか大人むけの区別はありません。
読み聞かせとともに、英語絵本の扱い方の工夫なども含めて、彼女の英語絵本への思いをかたってもらいます。

なお、定期的に東京丸の内の丸善書店でも読み聞かせを彼女が行っています。12月情報はこちらです。
http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/8771.aspx

・1時から4時  英語発音研修体験講座
大人のみ、4200円(5人以上にて開催)
通常、「英語指導者」対象に、発音研修を開催しています。今回は、その「体験」講座を宇都宮で開いていただきます。
日本人だから、日本語英語でもしかたない・というわけでなく、きちんと「息の出し方」「口の形」を学べば、「英語の音」はでます。・・とすぐにできるわけではありませんが、英語の音を再度ききなおして、そして、ご自分の音をみなおすきっかけをつくりたいと思います。
英語の音に関する基本的な知識を、受講者の方々の頭と身体にお伝えするきっかけとなる体験講座です。
東京でのコ-ス紹介はこちらです。
http://jjfellowship.com/modules/ttp1/


Mayuka Habbick
京都で生まれ京都で育ち、関西で16年間英語を教える。子どもたちを対象に、英語学習を通して自ら学ぶ楽しさを伝えるためのイベントを企画・運営。また、指導者を対象に、積極的に学びとる姿勢を育てるための具体的な指導法を伝えるセミナーやワークショップにおいてティーチャー・トレーナーとして活躍。教材開発と販売を手がける有限会社イー・フォー・ユー取締役、プロの指導者養成を手がけるJJ Fellowship主宰(www.JJFellowship.com)、レゴ エデュケーション センター公認トレーナー、2008年度日本語学教育学会(JALT)児童語学教育部会TC-SIG プログラム・チェアーなどを勤めるほか、英語教育関係雑誌への寄稿など、多面的な教育活動を展開している。

by hanz01jp | 2009-11-30 18:12 | 勉強会・ワ-クショップ | Comments(0)

酒井先生講演会終了   

多読ブックグラブ主催小山先生のもとでの、酒井先生の多読講演会終了しました。
本当に「気さく」にお話をしてくださり・・楽しいひと時でした。

いつも思います。日本全国かけめぐる方は・・本当に魅力ある方ばかりだと・・そして・・みなさん「英語」の魅力にとりつかれ、それぞれにいろいろな思いがあるのだなあ・・と。

酒井先生のお話は基本「大人」の多読、または小学高学年、もしくは中学生くらいから年配の方までを対象としてらっしゃいます。
以前は、「児童英語」においての「多読」はあまり賛成されなかった・・とうかがっていますか・・が・・児童英語関係者の熱い思いを感じ、いまでは、「若干方法」はちがうが「幼児さんから年配の方まで」の多読を推奨してらっしゃいます。

今回「児童英語のことは、あまりわからないので」ということで、そのお話はなさらなかったので、・・酒井先生を児童英語に巻き込んだ・・Hさんのこと、そして、私の考えはまた書くことにさせていただくことにして・・

辞書ひかない、わからないところはとばす、そして、つまらなかったらやめる、の3原則・・「楽しくやろう」、このモット-は、気合をいれて勉強しようとする人には・・とてもここちよい・・話だと思います。画・・多読貧乏になることも間違いなく(多読教室でもうかった人はいない・・ということもあり)・・・
まあ、これは絵本英語教室でもうかった人もいないので、同じことなのですが・・

まずは「楽しもう」・・は大切なことだと思います。とはいえ・・「良薬は口に苦し」という言葉もありますので、「むずかしいこと、めんどくさいこと」を「楽しさ」にかえる力も必要でして・・とここからはぼやきになるので、ストップします。

とにかく、いろいろな形での英語とのかかわり方、宇都宮で気軽にきけるといいなあ・・と思います。
今回、酒井先生の講演会が開かれて、本当に「ラッキ-」でした。
小山先生、ありがとうございました。

で、「多読って?」という方・・こちらをどうぞ。
http://tadoku.org/716lab/audio/

by hanz01jp | 2009-11-29 09:15 | 勉強会・ワ-クショップ | Comments(0)

11月精読の会終了   

11/24、今回はMIEKO宅で精読の会を行いました。参加者は3名。つわものぞろいで・・おそれをなしての私は参加でしたが・・いやいや、LONDONにいきたくなりましたねえ・・
あ、本はLONDONです。

「精読の会」というより、司会のWさんが、LONDONにはまり、まるでLONDONツア-しているような感じでした。
英語の勉強をするとか、精読をするとか、多読をするとか・・そんなの関係なく・・ただただ、「本」の内容から、世界がひろがっていくことが実感できた1時間でした。

ロンドン言葉の話から、おかしまで・・しかも・・手作りのショ-トブレッドまでついて・・
その場所にいかなくても、本を手かがリにして、いろいろなことがしらべられますし、そして、いろいろな多識が得られて・・人間の幅がひろがりますねえ・・と・大げさな展開となりましたが、

本当に「楽しい」ひと時でした。
さてと、次は12/12市民サポ-トセンタ-(東コミュニティ-センタ-内)での予定です。
司会は、初めてとなりますがIさんです。
本は、

Stranger Than Fiction CD Pack (Book &  CD) (Penguin Readers Simplified Text)Stranger Than Fiction CD Pack (Book & CD) (Penguin Readers Simplified Text)

Penguin 2008-03-04
売り上げランキング : 38057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

by hanz01jp | 2009-11-29 09:02 | 精読の会 | Comments(0)

寒い日は・・多読   

とにかく、このこところ、暖かい、寒いのくりかえしで、この「寒い」が中途半端でありません。
そうなると・・私は・・まったく「動かず」になりますので・・「多読」もいいかと・・
ここのところ読んだ本です。
e0147742_8224677.jpg


My Last Best Friend  by Julie Bowe  23000
The Last Of The Mohicans by James Fenimore Cooper 53022
Fairy Tales by Terry Jones 大体 30000ぐらい

さてさて、まだまだ、なぜかたまってる・・ちょっとぶあついものは、なんとなくひいてしまう・・
これは・・・酒井先生によると、「むずかしすぎる」のだそうで・・

はい、この週末28日は多読のワ-クショップです。まだ、受付中です。
なかなか、宇都宮で無料ではきけませんから、どうぞいらしてくださいませ。

by hanz01jp | 2009-11-23 08:39 | 多読 | Comments(0)

11月竹林サロン終了   

今日は寒い・・でも外で遊んでるお子さんがいて・・おもわず、「おかあさんかぜひかないでくださいね」といってしまいました。・・いや・・本当に子どもはかぜのこです。
サロンに自転車できている親子もたくさんいて・・すご・・・い。おかあさんはたくましい。
・・と以前はそういうおかあさんでしたが・・いまはすっかり、スト-ブの前でちぢこまってます。

が・・おもいっきりwe're going on a bear huntよませていただきました。
実は、ちがうところでよんだとき、あまりの臨場感に泣き出した子がいて・・「成功」ではあるのですが、あくま゛ても「音響」でなかせてしまったので・・・ちと反省・・が・・・今日は・・・熊がでてくるし-んまで・・いや、ひっぱりました。

とわからない人はわからないコメントですが・・今年の私の自信策になりました。
とまた来年はより進化したいとおもっています。


本は、よみきかせの場があって、よみこむほど、味がでてきて・・いやいや、なかなか奥が深いです。
今日はひさしぶりにbrown bearを読みましたが・・
何年も読み込んで、ようやく、芸無しで、しっとりと読むことができてくるようになった気がします。
で、よりエリックカ-ルの絵のすばらしさがわかります。

なにが魅力であの絵にひきつけられるのか??でもひきつけられるようですね。

日本語ても英語でも関係なく、絵と音でひきつけられる。だから自然と音がはいってくる。だから幼児からの英語のよみきかせは面白い・・確かに・・・

知育教育もよし、何でもよし・・とにかく「目」をきらきらなにかに没頭できる時間をたくさん子どものうちから大事にしてもらいたいと思いました。


来月の竹林さろんは、誕生会もかねるそうです。さてと、何「うたおう」かな?

by hanz01jp | 2009-11-19 12:59 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

11月絵本勉強会終了   

寒い時期ですが・・今日終了。で、やっと今日からサポ-トセンタ、暖房がはいります。来年なにかするときは、この暖房がはいる時期を確認してからしないと・・。

で、今日もまた前回と入れ替わりで、何人かお休み。この時期は仕方ないなあ・・と思いながら・・まい、もし今回だめだった方は、サロンのほうにおいでください。基本、紹介してる本はサロンで紹介してる本です。
この木曜日は竹林サロンにいきます。

サロンでは、なんとなく英語の本を読み上げてますが、実は、私としては、かなり意識して本を選んでいます。
ですから、今日は、その本の日本語訳、もしくは、本来の日本語の本と対比して、お話させていただきました。
「へえ-」という声があがるように、どちらもそれぞれ「本」として完成されており、対比する必要はないのですが、してると・・「英語・日本語、音」の世界がいかに奥深いか・・わかります。

本のほうは、booklistにあげてありますので、日本語版を図書館などでかりてみてください。
また、もし英語版を買われる方は、なるべくCDつきのものにして、一緒にきいてくてださい。さらっと聞くのではなく、どこにイントネ-ションがあるか、アクセントがあるか・・簡単な文章ほど・・音の世界の奥は深いですから・・・。

by hanz01jp | 2009-11-17 14:27 | 勉強会・ワ-クショップ | Comments(0)

11月図書館での読み聞かせ終了   

第3日曜日の11時からは、東図書館で読み聞かせをしています。
10時45分・・うん?だれもいない?今日は大きなマラソン大会だし・・
10時50分・・館内放送・・
おお・・はいってきた、はいってきた・・ということで、今回も10人ぐらいのおこさんが、はいってました。護符系も一緒なので、せまい部屋は・・けっこういっぱいな感じです。
担当はWさん・・今回ハエプロンおばさんで登場でした。

ブックリストも更新してあります。ごらんください。実際読んだものは今年度版だったり、CDつきだったりするのもあるのですが、つかってるソフトの都合上、あげられるものをリストアップしてあります・・いらした方で、「え、ちがうじゃん」・・・とおもわれましたら・・ああそうなのか・・と納得してくださいませ。

時間としては30分。対象をしぼってよんでいるわけではないので、30分じっとしている人もいれば、途中で退席する人もいます。ぜんぜんかまいません。「あ、英語の本よんでるな」とお子さんはおもってくれれば、いいかな?と、「日本人が自然に英語にふれてるんだ」と大人の方はおもってくださればいいかな・・と

ほそぼそとこの活動続いています。
次回は新年あけての1月です。担当はKさん。
どうぞいらしてくださいませ。


なお、問い合わせがありましたので(こちらのHPをごらんになってるのだと思うのですが、)
多読のワ-クショップ再度ご紹介しておきます。

こんにちは・・秋のイベントのおしらせです。
宇都宮でブッククラブを主宰なさっていて、多読学会にはいっ
てグロ-バルリンクスの小山先生が、多読学会のリ-ダ、酒井
先生をおよびして、講演会を開くことを計画なさいました。

11月28日(土) 14:00~16:30
会場:  (株)オヤマ カーコンビニ倶楽部 2階研修室  
宇都宮市簗瀬町188-1 JR東 ヨークベニマルより徒歩数分
会費:無料
定員: 30名
酒井先生の希望でミニ多読体験は45分ぐらいとる
ことになりました。 ORT Stage0~4ぐらいのセット4組を
多読学会から借りる予定です。さらにStage5~他も用意
してあるそうです。

ご興味ある方、連絡ください。あらためて添付で資料おくりた
いと思います。
g-links@rouge.plala.or.jp 小山
または、MIEKOこと私までご連絡ください。

by hanz01jp | 2009-11-16 11:13 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

なかよしサロンでの読み聞かせ、11月   

きのうの中央サロンがお休みでしたので、11月の読み聞かせはなかよしサロンが最初です。
Brown Bear, Brown Bear, What do you see?からはじめさせていただきました。

いつも思いますが、Eric Carlの絵は、何かが子ども達をひきつけるのでしょう。最初によみだした本ということもありますが、やっぱりみいっていたおこさんが多いです。
そして、秋ということで、2歳さん以下のお子さんには・・もしかしたら・・・とはおもいましたが、「英語絵本よみきかせ」にこだわり、音つき?歌つき?ジャスチャ-つきで・・・ちとWe're going on a bear huntを演じさせていただきました。・・・まあまあの反応ですかねえ・・


秋・・ぜひ本を楽しんでくださいな・・
やきいも・・ごちそうさまでした。

多すぎたので・・・夕方の生徒達とたべますね。

by hanz01jp | 2009-11-06 12:50 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

フォニクッス勉強会-2-   

今回は、子音の後半です。
参加者の方が、それぞれにフォニックスのル-ルbookをよみなおされてきたようで、とても進めやすい勉強会でした。・・で・・「結局音がわからないとねえ」とおっしゃったのが、印象的です。

昔から、「発音」のことは、話題にはなっていますが、今、より「通じる英語」ということで、「音」ブ-ムが着そうな雰囲気があるそうですが・・
ル-ルブックを読んでも、なかなかピントこないので、でも、音をいれて紹介できると、ピンとくるのでは??と思います。

で、そらにその音ができるかどうかはまたちがう話になってきますが、まずは、英語の音を英語できこう・・とする、あたりまえといえばあたりまえですが、どうしても、自然と日本語音に変換してしまうのが、英語耳をもたない日本人なので、・・・気持ちをもつと、ずいぶんちがうのでは・・と思います。

どの本にも、これはこんなときにつかいます・・と書かれていますが、実際音にだしてよまれることはすくないので、音を確認しながら、フォニックスル-ルを復習していこうと思っています。

12月は、一気に母音をちょっと4時間コ-スで行います。

by hanz01jp | 2009-11-05 08:26 | 勉強会・ワ-クショップ | Comments(0)

多読・・の前に・・音ありき・・   

英会話のほうから、この本を読むことになったのではなく、「音」の話から、この本を読むことになった。で、よんでみると・・・発音の仕方はともかく(ただいま、自分はJJ-Fellowshipでまなんでいる最中)・・・
多読の前にまず「音」。

今、ちまたでは、「英語音」のことが話題になってるらしい。
たしかに「音」ありきだと思う。英語の音がわかってないと、いくらあいてのことをきいても、それがしってる単語でも、わからないから・・
そんなことはない・・とおっしゃる人もいるかもしれないが、今、初級のとても熱心な大人の生徒さんがいらしているが、完璧JAPANESE英語なので、聞き取るとき、しらない言葉は英語の音ではいってくるので、「なんですか?」となるのだが、しってることばはカタカナでインプットされてるので、ききとれない・・もったいない・・と思う。

多読はいいが・・自分の音で進んでいくと、やはりききとれない。
多聴もいいが・・英語の音を自分の頭の中で、日本語の音に変換してききがちなので、アウトプットするとき、Japanese Englishで・・つうじない・・

だから・・音をしろう・・
とおもってたところに・・こんなフルクからそれをいってる人がいるんだ・・とびっくり。

ついでに、このつうじない・・日本人どうしだと・・通じる。だって共通のJAPANESE ENGLISHだから・・

きのう、ちとJAZZコンサ-トにリアといった。(今きてるフランスの留学生。)
セミ・プロといろいな人が歌っている。
Over the rainbowは、英語の歌とわかったらしい・・
Night and dayは・・「なんで?」って・・聞くので・・なにいってるのかわからなかった。
「何で?」と質問してるのではなく、きこえてくる「なんで・・とはどういう意味か?」ということらしかった。この曲を彼女はしってるのだが(タイトルをしってるかどうかはしらないが・・)

私にはどちらも流暢な英語にきこえたのたが・・これが「つうじない」ということなのだろうか??
ちなみに、フランスの英語もオフランス英語なので・・なかなかわかりにくいところがある。

この場合の通じるとは・・・共通言葉としての「英語」をみたときの話・・です。


e0147742_8582715.jpg
これでもダメなら英会話はあきらめなさい!―遠藤式英会話習得法

教育メディア 1995-07-01
売り上げランキング : 98036
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

by hanz01jp | 2009-11-02 09:09 | 英語学習 | Comments(0)