<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

小学校英語保護者説明会?終了   

一人の参加者の方がいらしたので、まったりと、Miekoおばさん宅で、1時間ちょっとお話させていただきました。文部省が発表している概要と、英語ノートのお話しですが、実際に英語ノートをつかって、ここ宇都宮市で小学校英語のボランテイァをしている方なので、英語ノートのお話はスルー。で、小学校英語から、中学校英語・高校英語、はたまたセンター入試の話し、そして、大人の方のTOEIC事情と、お話させていただきました。

一方、今の宇都宮のしってる限りの現状、そして、東京・埼玉で、しってる情報などもお話し、まあ、県・地区・校長先生、はたまた、学年主任によって、ちがってるということ。特に、ここ宇都宮市は基本担任先生と「ボランティア」で行われていますので、本当に千差万別という結論にはなったのですが・・

で、英語はなぜ必要か?という話もちらっとさせていただき、決して、ネイティブの人と話すためのものではなく、今や、英語が母国語出ない人のためま共通言語、という理解のほうがいいでしょう・・ですから、実際に話すのは、イスラム兼の人であり、アジアの人であり・・
というお話もしました。

ということで、
ここには、今話題?の渡辺陽一さんの、アフガニスタンの英語事情のコラム紹介しておきますね。

by hanz01jp | 2011-01-29 22:21 | イベント | Comments(0)

あさって29日の話しですが・・・   

ひょこっと宣伝してあります、29日土曜午前10時から、1時間程度のの、来年度の小学校英語についての話・・一人の方から、ありがたく申し込みをいただいているのですが・・おひとりなので、今どうしようか、考えているところです。他に申し込まれる方いらっしゃいましたら、急な話しですが、メールくださいませ。(本来は、Miekoさんのお仕事と関連させないといけないのですが、まあ、あまり気にせず、資料とまた自分のしってることのお話をさせていただきたいと思っています。)


さてと、オバマ大統領の所信表明演説。さすがスピーチの国。堂々としたものだと、毎回思います。・・こうすると、この前の日曜のトーストマスターズいけばよかったなあ・・と思いますが・・体の大事をとっていきませんでした。
そうそう、毎月最終日曜の午後おこなっています。トーストマスターズの会も、興味がある方連絡くださいませ。TOEIC900のビジネスマン達が・・お待ち?しています。といっても、英語の会ではなく、自分の意見がいえるようになる会・・ということで、前半一時間は日本語で、後半一時間は英語となります。東京・仙台からも参加者があり・・なかなか、ユニークな会です。

by hanz01jp | 2011-01-27 13:09 | イベント | Comments(0)

Skylark   

特に「多読をしよう」として、本の購入は「もう」していないのですが・・まだ読み終わっていないものが・・けっこうあります。
で、その中でaudibleで音声が購入できるものは、なるべく音声を購入して・・ということで、マア、月の特典がたまっていたこともあって、無料で購入できる、ということもあったので、・・・「何なら音声あるのかな??」と
ちょこちょこ探していて、・・・そして、ダウンロードしたり・・

はい、ここまでが、実は、よく使い方がわかっていないので、すごく時間がかかり、去年から、いっこうに「多読」がすすんでないのですね。

で、ようやく、少しずつ、整理されてきて、今日は、ひとつ、まったりと読んでみました。
ひまねえ・・といわれれば、そうなのですが・・

実は、今日はトーストマスターズだったのですが、きのうから、不調で、特に、喉はひどいもので・・これで、また「しゃべってきたら」・・・来週の仕事が全部まわらなくなる・・ということで・・お休みさせていただきました。


ただ、ひたすら、マスクをして、薬のんで、じっとしています。ぼっと頭で・・、CDかけながら、まあ、半分うとうとしながら??Skylarkなんぞ・・読んでみました。

精読とはちがって、流し読み? 聞き読み?でいいところが、多読??


さてと、その精読は、
King Arthur and the Knights of the Round Table CD Pack (Book & CD) (Penguin Readers Simplified Text)
e0147742_16552325.jpg


で、担当はIさんです。3月の第3火曜日、10時30分から、市民サポートセンターです。どうぞいらしてくださいませ。

by hanz01jp | 2011-01-23 16:56 | 多読 | Comments(0)

竹林サロン1月読み聞かせ終了   

大寒・・の一番寒い日といわれている今日・園庭で、元気に遊んでいるお子さんたち・・「すごい。」

ということで、今日は竹林サロンにいってきました。保育園での読み聞かせは、園行事ということでなし。どうも、ベーシストがいらしていたようで・・ああ、私も聞きたかったなあ・・とあとで思ったしだいです。

あいかわらず、声が枯れていて、、「加齢で声がしわがれているそうで、と病院でいわれてしまって」といったら・・保育士さんは、「そんな」といって下りましたが・・その場にいらした御母さんたち・・「沈黙」。で、「え、やっぱり年とってますかねえ・・ここは、おもいきっり否定してくれるところなんですけれど」といったら、ようやく「笑って」いただいけました・・

とこんな出だしの、・・遅くなりましたが、実は、竹林サロンでは、今日が新年最初だったんですね。
声がこんなこともあり、Iさんにすけっとを頼みました。やさしいおもざしのIさん・・。Iさんが読みだすと、まわりに子供たちが集まってきて、一緒に本いじりしていました。なかなかほほえましい光景ですね。 Dear Zooを読まれました。

私のほうは、ペネロペの冬版ですが、仕掛け絵本で、じょうずに雪だるまができたら・・・拍手がでて・・はいな、仕掛け絵本ですから・・。

まあ、そんなこんなで、最後にsnowをよんで、締めとさせていただきました。

さてと、はやいなあ・・来月ハ、バレンタイン月間ですねえ・・。

by hanz01jp | 2011-01-20 12:35 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

1月精読の会、終了しました。   

Wさんの、迅速な司会のもとでのクリスマスキャロル(penguin leaderの簡易版ですが)の精読の会終了しました。Hさんもおっしゃってましたが、読み終わると、なかなか迫力のある本ですし、また、もう一人のFさんのおっしゃるとおり、強いメッセーシのある本です。
改めて、本をみなおす・・これこそ、「精読の会」の意義だと思います。

どうぞ、おそれば、Kさんも参加されましたように、みなさんいらしてくださいな。

ということで、次回の精読の会は、Iさん司会のもと、3月となります。本は決まりしだいおしらせします。

Kさんのおっしゃっていた・・scroogedという映画ってこれ?というか、3人のゴーストがやってくるというコミックではないですか・・。scrooged ーー守銭奴という意味になるようですね。


ということで、人はだれでもかわれる・・ということで、今年もそれぞれの新年の抱負を抱いて、まあ、それなりにがんばりましょう。

by hanz01jp | 2011-01-18 17:36 | 精読の会 | Comments(0)

東図書館読み聞かせ終了・・1月   

とうとう、ここ宇都宮でも「雪」ですね。今日は、センター試験だし、また、国立中学・県立中高一貫校の入試だし・・・。お昼には幹線道路の雪はとけましたが一歩中にはいって、日陰のところは、・・・凍っています。明日もこのまま凍るところは、凍ってるかな??

11時からは、東図書館での読み聞かせ・・どうかな??と思いましたが、りピーターの人もいて、また、はやくからのまっててくれてる人もいて、なんだかんだ、お子さんは10人、大人のかたも一緒なので、読み聞かせのへや、まあ、部屋自体も暖かいのですが・・・より暖かく、ホコホコでした。

HさんとStacyさんとでの、息のあった読み聞かせです。
日本の雪だるまと、カナダの雪だるまの話しになりましたが、・・もうしあわせたように、窓の外の庭に、だれかが雪だるまをつくってくれていて・・いやいや、なんともほのぼのとしたいい光景でした。(実際に雪だるまつくるのは寒いですが・・・。)

本のほうは、booklistご覧ください。雪関係のお話が紹介されました。
で、以前も紹介しましたが、もういちど、・・自分としては、とても気にいってるので、雪だるま作り方・・紹介しておきましょう。



次回は3月20日の第3日曜、11時からです。

by hanz01jp | 2011-01-16 14:02 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(2)

谷川俊太郎・・読んでみました。   

「成人の日に」で紹介した、谷川俊太郎の詩・・
二十億光年の孤独は、日本語の英語、両方で、一冊の単子本で紹介されています。

e0147742_1129898.jpg


で、これ、高校生に、英語から・・日本語の詩にしてごらんよ・・とちょっとやってみてもらったら・・おかしかった。でも、英語のほうが、「直接的」な言葉をつかってるので、内容理解としては、わかりやすいかもしれません。

この詩集は、谷川俊太郎が、18才のと気に書いたものを集めたもので・・あなたたちの18才は? ?という話にもなりましたが・・いや、半分ちゃかした話しでおわっちゃいました。何の屈託もない高校生二人ですから。


さてと、この詩集どれかの朗読、youtubeでないかな??と思ったのですが、みつからず、一方で、日本では、谷川俊太郎が「翻訳した」マイケルローゼンの「悲しい本」があったので・・紹介しておきます。


by hanz01jp | 2011-01-15 11:35 | 多読 | Comments(0)

児童館での読み聞かせ   

児童館での最初の英語が、読み聞かせの日からはじまりました。今日は、いままでで一番寒い日だったそうで、うちのお風呂の窓も凍っていました。朝はしっかり霜柱たっていましたし・・。で、残念ながら、何人かお休みがありましたが、クラスa、bともに、20人以上出席して・・いやいや「暑い」クラスとなりました。

毎年、この時期は、三段腹??の雪ダルマの話しをするのですが、今年もはい、しました。
e0147742_913311.jpg



去年、朝日新聞で、とりあげられた、鳥飼久美子さんの「これからの英語」のインタビュー記事が、一部で話題となっているようだ・・朝日新聞でないので、ぜひ読みたいとおもったら・・・全文はこちらで読めるようです。
もっともだとおもう、ただ、はっきりと「基本はある」ということをおっしゃってること。文法にしても、発音にしても、基本はあるのです。

by hanz01jp | 2011-01-12 09:28 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

成人になられた方・・おめでとうございます。   

成人式を含めた三連休ですね・・。成人になられた方、おめでとうございます。着付けやら送迎やらで、バタバタしている保護者の方御苦労さまです。男の子だけのおうちは、シンプルな成人の日ですないでしょうか?

去年成人した女の子が、今年は「美容師さん」として働いているので、去年は自分のために4時起きし、今年は、仕事が3時からスタートだそうです。






「成人の日に」 谷川俊太郎



人間とは常に人間になりつつある存在だ

かつて教えられたその言葉が

しこりのように胸の奥に残っている

成人とは人に成ること もしそうなら

私たちはみな日々成人の日を生きている

完全な人間はどこにもいない

人間は何かを知りつくしているものもいない

だからみな問いかけるのだ

人間とはいったい何かを

そしてみな答えているのだ その問いに

毎日のささやかな行動で



人は人を傷つける 人は人を慰める

人は人を怖れ 人は人を求める

子どもとおとなの区別がどこにあるのか

子どもは生まれ出たそのときから小さなおとな

おとなは一生大きな子ども



どんな美しい記念の晴着も

どんな華やかなお祝いの花束も

それだけではきみをおとなにはしてくれない

他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ

自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ

でき上がったどんな権威にもしばられず

流れ動く多数の意見にまどわされず

とらわれぬ子どもの魂で

いまあるものを組み直しつくりかえる

それこそがおとなの始まり

永遠に終わらないおとなへの出発点

人間が人間になりつづけるための

苦しみと喜びの方法論だ


谷川俊太郎詩集『魂のいちばんおいしいところ』より


で、絵本としては・・やはりこれでしょう・・。


といっても、これは「親」の心境かな・・私もまだ・・ここまでには達しておりませぬ・・・まだ自分より老いている母にたよることが多いですから・・。

by hanz01jp | 2011-01-09 19:09 | 季節 | Comments(0)

小学校英語保護者説明会   

ここにupしていいか、どうか迷ったのですが・・というのも、Miekoさんの「お仕事の宣伝」にもからんでいるので・・・

で、あえて、その仕事名はだしませんが、内容としては、自分でいうのも、なかなか興味深い内容となっています。はい、今春からの義務教育化される「小学校英語」についての保護者セミナーです。どんな内容かを英語ノートなど、おみせしながら、お話させていただきます。(仕事の話しもしないといけないのですが・・まあ、それは・・聞き流してくださいませ。)
ご興味あれば、どうぞ、いらしてくださいませ。参加無料です。
1/29 土曜 10時から Miekoさん宅・・・要予約

by hanz01jp | 2011-01-08 17:46 | 勉強会・ワ-クショップ | Comments(0)