<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

英語絵本読み聞かせ講座 2回目   

一回目は、英語えほんの紹介でしたが、今日は、今回の課題図書「はらぺこ青虫」に取り組み始めました。

英語なんだから、英語で読む・・は当たり前ですが・・なかなか日本人にとって、英語はむずかしいですね。
でも、日本人が英語絵本を読み聞かせる姿・・子供たちにみてもらいたいですね。
英語絵本読み聞かせって、「英語をつかって楽しんでる姿」を子供たちに見せることって、「お、英語っておもしろいかも」「あれ?日本人でもできるんだ」と・・「国際共通語、英語」の存在を、自然にみせる一つの手段ではないでしょうか??(と固い話しになりましたが・・・)

まずは、はらぺこ青虫にでてくるカタカナの音の洗いだしです。本をみずに、CDだけを聞いてもららいました。
「あれ?これってカタカナにあったよな?」と思う言葉をとりあげていってもらいました。

いや・・けっこうあります。でてきた音を黒板にカタカナでかいていきながら・・「あれ?こんな音だったけ」とカタカナと英語の音の違いがはっきりしてる単語もけっこうあったはずです。

そして、そのあとは、英語の「母音」の勉強です。ここでは、英語の母音を15にわけて考えています。日本語では5ですが、英語では15です。で、そのことに意識してもらうようそのそのの母音にでてくる音を15に分けてもらいました。
「うーーん?どっちだ」と考えてらっしゃる方が多かったはず。きっちりその母音がでなくとも、「あ、この母音なんだ」と意識しておくことは大切です。

と、今日は、「単語確認の方法」をとりあげました。
次回は、実際に読みこんでいっていみます。

by hanz01jp | 2011-05-31 16:02 | 勉強会・ワ-クショップ | Comments(0)

もうすぐ6月・・・   

梅雨入りしましたね・・まだ6月ではないのに・・でも、まあ、もう6月ですが・・
6月は・・梅雨で「でんでんむしむし・・・」の歌がぴったりでもありますが、父の日でもあります。
母の日をとりあげたので、父の日もとりあげなくては・・とyoutubeサイトも更新しました。


本日は、今日これから「トーストマスターズ」に参加してきます。日本語・英語でのスピーチの会です。興味ある方・・どうぞいらしてくださいませ。

by hanz01jp | 2011-05-29 12:19 | 季節 | Comments(0)

雨にも負けず…朗読   



そして


by hanz01jp | 2011-05-27 10:59 | 一人ごと | Comments(0)

読み聞かせ、英語絵本に関して   

一応、読み聞かせしてるので、それなりに、市販の書物で勉強しています・・ということで、昨日いくつかその本を持っていったら、・・以外と好評でした。
で、bookのほうに「読み聞かせ、英語絵本に関して」という部分をつくりましたので、よろしかったら、ご覧ください。

図書館で借りられる本がほとんどです。
図書館でかりて、やっぱり買おうと思ったり、または、買ったけれど、「ウン?」と思い処分したものもあります。

古くから残ってる本は、きのう紹介した本です。
この作者の松岡さん、代田さんにはお会いしたことありませんが、
他の方は、講演会やWSにいったり、また直接お話しさせていただき、交流していただけてる方もいらっしゃいます。
逆に言うと、私の感覚に「ピン」ときた人達の本ばかり・・ということにもなるのですが・・。


by hanz01jp | 2011-05-25 09:57 | イベント | Comments(0)

英語絵本読み聞かせ講座 スタート   

5/24,5/31,6/7そして6/28の全4回、最後は、Mayuka Habbickさんを迎えての副題「はらぺこ青虫を語る」・・の勉強会がスタートしました。7名の参加者です。・・日によってばらつきはありますが。

本日はMiekoさん講師による、英語絵本の紹介を行いました。
最初にみなさん、日本語の読み聞かせ活動を何らかの形でなさってる方、ですから、その事にふれてから、英語の読み聞かせについてお話しさせていただきました。

今回話すにあたって、再度いままでの、いろいろな情報?知識の整理をしていたのですが、結局ふりかえって読んだ本は、こちら。
まず、日本語の読み聞かせについては・・

e0147742_1413556.jpg


そして、英語本については、年に一回?ぐらい連絡くださるリーパーすみこさんの本と
e0147742_1433863.jpg
、大島英美さんの新書です。

そして、いままで、自分自身が読み聞かせしてきた本を紹介していきました。

さてと、来週は・・ハラペコ青虫にはいります。まずは「音編」です。
カタカナ言葉をさがしていきます。
今からでも遅くござません・・興味持たれた方、参加お待ちしております。

by hanz01jp | 2011-05-24 14:04 | 勉強会・ワ-クショップ | Comments(0)

竹林サロン、保育園よみきかせ 5月   

「暑い」と汗だくになってるA先生に引率されて、まずは竹林保育園のうさぎさんのお部屋に・・。
前回、色の話しをしたので、なんとなく・・つながってるのがいいかな?とこちら。

楽しく読んできました。

サロンのほうでは、ちと小道具を忘れたために、予定変更して、Where is Baby's Belly button?で読み遊びをしてから、
「うーーん、音読発表になってしまうかも」と思いながらも・・
今月は母の日でありましたので、お母さんになんとなく聞いてもらいたく、「音読発表」で読ませていただきました。絵がきれいなので、好きな本です。

e0147742_12575188.jpg


子供さん相手に「聞きなさい」といって、音読的に読み聞かせをするのはどうかと思いますが、大人の方相手ですと、聞かれる方は聞いています。何いってるかわからないけれど、聞こうとしてくださってるので、「読み遊び」でないなら、またこの本のように絵がしっかりしてるなら、あたりまえですが、きっちりと「ていねいに、ゆっくりと」読む必要があります。(音が日本語的になってる部分は許していただいて。)・・好きだけれど、読みあげるにはむずかしい本です。
読んで、拍手がでて、うれしかったです。

by hanz01jp | 2011-05-19 13:03 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

めちゃかわいい   

友人が紹介してくれた動画です。

by hanz01jp | 2011-05-18 09:13 | イベント | Comments(0)

5月精読の会終了   

終わったのが12時過ぎ・・そのあと、ざっと雨がきて・・1時30分現在快晴・・自転車で帰られたHさんは・・どうだったのだろうか??

とまあ、個人的なことですが・・今日はIさん司会のもと、全員で5名の会。Kさんは初参加。

精読の会は、英語を使って話すことになっています。
・・なかなか英語を話す機会はここ宇都宮?なのですが、何かの時はあるかもしれない、ですから、その時のために「いろいろな情報をいれておこう」「話すネタを作ろう」ということで、一つの本を「精読」してみることにしています。
ですから、「情報をいれる」という意味では、日本語でも英語でもかまいません。

そして、また、本を通しての質問に対して、「自分の考えたことを話す」のもこの「精読の会」の目的の一つです。日本語でフォローしてもかまいませんが、でも「英語」を使ってみる機会をわざわざつくってるので、使ってみましょう。ネイティブの方は今のところいませんが、在米歴の長い方、英語講師が会員の中にいるので、お互いフォローしあって進めています。


で、今日の本は、アーサー物語でした。いろいろなバージヨンのものがありますが、ペンギンリーダーズで再編集された本を使用しました。語数は10369語です。

いろいろな物語がある・・と何気なく書きましたが・・今回Iさんが紹介してくれたいろいろなストーリー、歴史背景をきくまでは、そんなことはしりませんでした。
また、宇都宮ゆかり?の井村君枝さん(宇都宮にある妖精美術館館長)がアーサー王物語の翻訳をされてることもしってびっくり。
妖精物語、と宗教物語のはざまにある物語とか・・

今日聞いた雑学はここにはかききれませんが・・楽しいひと時でした。どのくらい自分のトリビアとしてのこったか・・わからないのですが・・なんせ年なので・・。

さてと、7月と9月の本がきまっています。
7月は Pirates of the Cribbean 今度3作目?が公開なので、タイムリーかも・・あ、お話しはたぶん、第一作の話しですね。司会はKさんです。
9月は The Room in the Tower and Other Stories で司会はFさんです。

興味ある方の参加をお待ちしています。第3火曜日、10時30分から12時までで、東コミュニテーセンター内、市民活動サポートセンター会議室です。

by hanz01jp | 2011-05-17 13:53 | 精読の会 | Comments(0)

宇都宮東図書館 英語絵本読み聞かせ 5月   

東図書館での読み聞かせ・・今回はWさん担当でした。本のほうは、booklistに紹介してあります。

図書館で読む本は、その会の担当者におまかせ、ですから、どんな本がでてくるか当日まで「みなさんの」お楽しみ。
この時期だからかな?Wさん、
e0147742_13371124.jpg

この本を選んでらっしゃいました。

日本語は「5ひきの小オニがきめたこと」
Amazonの内容紹介では、
-----------------
出版社/著者からの内容紹介
世界は支え合っている! 本質を描いた絵本。
空、土、月、太陽、海を、それぞれ分け合って一人占めした小鬼たちは重大なことに気づきます。
イギリスの新進絵本作家と宇宙飛行士毛利衛が届ける共生の思想。

宇宙から地球を見た人間に共通の認識があります。
それは、地球がこのうえなく美しく見えることです。
まるで地球がひとつの生き物のようで、自分はその生命体を構成する細胞のひとつのように感じられるからかもしれません。私たちのまわりすべてが、空間的にも時間的にもつながっています。
つまり、自然は私たちそのものなのだと思います。――訳者・毛利衛(あとがきより)

内容(「BOOK」データベースより)
お月さま、太陽、空、大地、そして海。なんとなくほしくなって、みんながじぶんのものにしてしまったけど、やっぱりじぶんだけのものではなかったのかな…。2001年スマーティーズ賞銅メダル受賞。

--------------
とあります。
英語、そして日本語での読み聞かせでしたが、この時期、「うんうん」といって聞いてる保護者のみなさんが、印象的でした。

それと、6月10日は・・「時の日」なのだそうです。
ということで、時計のお話しもありましたね。

by hanz01jp | 2011-05-15 13:37 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

児童館5月   

今年の児童観での、英語読み聞かせ活動がはじまりました。
Aクラスは、初めての子供さん達ばかり。「私たち同じ幼稚園で、同じ学校で、ここでも一緒なの」とにぎやかに話しにきてくれる人や・・「男一人だ・・やだ・・」と駄々こねている人。(遅れてきて、男の子ひ3人になりましたが。)・・17人でのスタートです。

なんとなくはいりやすいかな?と色のお話しをして・・
e0147742_917576.jpg


この本は、本当にいっつも最後がおもしろい・・・って何がおもしろいかは、発見してください。だって、本当に子供たちが発見してくるから・・。とわけのわからないセリフですが・・。絵本冥利につきるなあ・とおもいます。

Bクラスのほうは、絵本もですが、松香のバナナチャンツもとりいれてカタカナ言葉で遊んでいます。カタカナをきかせないで、子供たちに英語の音を先にきいてもらうと、そのままの英語のおとで返ってくる場合が多いので、すごいな・・と思います。カタカナではいるのは仕方ないけれど、両方の音を今が今の時期にはいるといいなあ、とおもうわけです。

母の日を思いだしてもらって、My momも読みました。・・やんちゃな男の子たちがいるので、なかなか手厳しい言葉が子供たちから返ってきますが、蝶々の絵のお母さんのところで、
「この言葉おかあさんに言ったら喜ぶなあ」・・
といったら・・・
「きれい?ってこと」という言葉がでたのは、そのやんちゃな男の子達からでした。

by hanz01jp | 2011-05-11 09:24 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)