<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

あゆみ保育園 1月、終了   

今日も元気に、あゆみ保育園での英語活動、無事終了。
年長さんは、元気に How are you? I'm fineができました。凄い「迫力」でしたね。

snowではじめて・・
ながいひげのおじさん、背の高い帽子をかぶったおじさん・・と・・何気に日本語番の本のフレーズもいれて紹介です。(この本、英語版と、日本語版、両方読まれてみるといいですよ。なるほど、こう背景を生かしてくるか?と私は思う言い訳だと思うのですが・・・訳しすぎという方もいらっしゃるかもしれませんね。)

ゆき、ということで、こちらの本も紹介。
はい、園児さんにはおなじみのペネロペです。この本の日本語版を持っている人もいて、展開をしってるのですが、一緒に楽しんでくれました。
ペネロペは、フランス生まれのコアラの子・・・フランスにコアラいるのかな?でもって、3歳の女の子、一人っ子、幼稚園児、うっかりやさん、好物はチョコレートクレープとチョコレートパン、という設定だそうですよ。

e0147742_164387.jpg



by hanz01jp | 2012-01-27 16:45 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

John Coltrane's Giant Steps   

John Coltrane ときけば、Jazz好きな人はどなたでもご存じの、あまりに有名すぎるサックス奏者。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、このMiekoさんは、Jazz好きです。ですから、え、「まさにその題名ではないですか」
ととびついたのがこちらの本でした。

e0147742_12593324.jpg


絵本でのカルテットは、テンポをきざむドラムがraindrops、ベースはしかくい箱、ハーモニー奏でるビアノはshowflake,そしてメロデイーはkitten ・・・さあ、みなさんはどんな絵かけるかな?

こんなyoutubeもみつけました。


え、あなたはジョン・コルトレーンをしらないって??
こんな方です。


by hanz01jp | 2012-01-26 13:06 | 大人も楽しむ英語絵本 | Comments(0)

Hug time   

前回、Patrick McdonneilThe gift of Nothingを紹介しましたが、もう一冊。


e0147742_10262484.jpg



Hug To-Do listに基づいて、世界中をまわってきます。いろいろな稀少動物も登場。心あたたまる本です。
暖かいココアと一緒にどうぞ。

by hanz01jp | 2012-01-26 10:00 | 大人も楽しむ英語絵本 | Comments(0)

The gift of Nothing   

雪まってます。なんか「まったりできるといいなあ・・・」と思ったとき・・素敵な本がありますよ。



"nothing"を友達の犬Earlに送ろうときめたネのMooch。"nothing"ってどこにあるのでしょうね?そしてなんなのでしょうね?

MoochとEarlはこちらでもお目にかかれますよ。

by hanz01jp | 2012-01-20 10:19 | 大人も楽しむ英語絵本 | Comments(0)

竹林サロン1月   

竹林サロンに伺ってきました。・・今日は行事で竹林保育園での英語活動はありませんでした。

なんとなく、みんなに本をみてもらいたいな・・・と動物カードを用意しての、puppies in the snow.
e0147742_1211761.jpg


お母さんたちが、単語おぼえていってくれたかな?
hive, denなど、あまり、耳慣れない言葉がでてきますから・・。

本読みを聞く・・というにはまだ小さい赤ちゃんも多いのですが、カードを持つだけで、その場に参加しているような気がするようで、なんとなくおひざの上で、おかあさんといっしょにお話しきいててくれましたよ。

さてと、1月英語活動は、あとあゆみ保育園となりました。こちらはどんな出会いがあるかな?

by hanz01jp | 2012-01-19 12:19 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

精読の会1月終了   

今日の本はrailway childrenでした。
e0147742_1641466.jpg


児童書として評価の高い本ですが、この本で何を子供たちに伝えたいか??と最後きかれて、うーーん、なかなかむずかしい質問ですなあ・・。

日本語のタイトルは「若草の祈り」です。なんで、そうなんだろう? このタイトルだと、「若草物語」と関係があるのか、と考えるよね・・という話しになりました。ちなみに若草物語の現代は little women・・これもなんでだろう?というところですかねえ・・。

で、さらに、何気なくでてくる(ペンキ゜ンリーダーの簡易版で読んでいるので、)paper chase これはなんぞや?という話しになりました。
Wikipediaには紹介されていましたが、なんでゲームをしている中で、一人男の子Jimがトンネルにのこされたか?よくゲームとの関係がわからない・・という話しにもなりました。

どなたか、このからくりご存じの方があったら、コメントまたはメールいただけると嬉しいのですが・・。

と聞く前に、英語でも日本語でも分厚い原書を読めば?という話しになりますかねえ・・・。

次回の英語絵本ワークショップの会の勉強会は、春4月から、リフレッシュしてスタートとなります。来春からの勉強会に、興味ある方、ぜひご参加くださいませ。

by hanz01jp | 2012-01-17 16:52 | 精読の会 | Comments(0)

東図書館読み聞かせ 1月   

東図書館でのよみきかせ、無事終了。幼児さんから小学生の参加でした。

今回はMiekoおばさん、担当させていただきました。
ちょっと冒険でしたが、紹介した本が、こちら。
e0147742_12373810.jpg


お話しはありません。雪のつもった夜に、雪かき車がやってくる様子が絵と擬声語で表現されています。
日本語だったら、どんな音がつくのかな?と、想像してもらいながら、紹介してきました。

冬の音ってみなさんどんな音うかべますか?


紹介した本は、booklistにupしてあります。

次回は3月です。・・その時はもう春ですね。

なお、来週火曜、1/17は、10時30分より、宇都宮市まちづくりセンター(市民活動センター 改称)で、精読の会です。ご興味ある方、ご参加ください。

by hanz01jp | 2012-01-15 12:40 | 読み聞かせ・英語活動 | Comments(0)

The White Crane   

鶴の恩返し・・私の家にあるのはこちらの本。きれいで、シンプルな絵です。日本語が「なるほど」という言葉で英語になっています。
たとえば、日本人の黒髪---jet black hair.なるほど・・というところです。
e0147742_918815.jpg


The White Crane by Junko Morimoto

by hanz01jp | 2012-01-13 11:00 | 大人も楽しむ英語絵本 | Comments(0)

The Paper Crane book2   

e0147742_11453161.jpg

The Paper Crane by Molly Bang

高速道路ができて、閑散になってしまったレストランに、あるおじいさんがやってきて、鶴をおいていきました。その鶴が、お店をまた繁盛させくれます。で、またそのおじいさんがやってきて、フルートの演奏して、鶴にのって帰っていきます。日本の鶴の恩返しを思わすお話しですが、さわやかな?読み後のお話しです。


by hanz01jp | 2012-01-12 11:50 | 大人も楽しむ英語絵本 | Comments(0)

Angel Child, Dragon Child book 1   

今年は、のんびりと、家にある読み聞かせにはちょっとむずかしいく出番のない絵本を紹介していこうかと、思います。実物を見たい方は、ぜひ、Miekoおばさんの絵本の日(第4火曜の予定)にいらしてくださいませ。

e0147742_1214618.jpg


Angel Child, Dragon Child
Story by Michele Maria Surat
Pictures by VO-DINH MAI

ベトナムの女の子が、おかあさんと離れてアメリカにきて、最初いじめられますが、クラスにとけこみ、最後はお母さんもアメリカにわたってくるとこになる・・というお話しです。

なんでDRAGON?と思いましたが、最後にこんなことが書いてありました。

Legend tells us that Vietanam's first king was the son of an Angelic Fairy. This son married the daughter of a noble Dragon King. Thus it is said that the Vietnamese people are descendents of an Angelic Fairy and a Dragon King. Look at the map of Bietamn. Can you find the mouth of a dragon and its long tail curling into a sea? This is Vetnam, the Country of the smaller Dragon. Just above it is the Country of the Great Dragon, called China.

お時間がありましたら、ちょっと地図をあけて、ベトナムとその北の中国をみてみてくださいませ。

by hanz01jp | 2012-01-10 12:22 | 大人も楽しむ英語絵本 | Comments(0)