<   2015年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

DSで英語かーー   

e0147742_12581212.jpg


こんなちらしを宇都宮某所で、手にいれた。
持ち物にDS

なるほど・・・
私の子供が、まだ「子供」だったころ・・DSなるものがなかったので、(あったのかな?)・・・私には手にふれる機会がなかった。

で、そう、DSで勉強・・・という話しはきいた。たしか、DSで、就職試験のなんとか対策を娘たちがしていたような・・・

このちらしは、子供対象だが、なんでもDSを使って大人の英語やりなおし塾なるものも開かれてるようで・・


なるほど・・・・
で、思った・・そうか・・私の「英語やりなおし塾」はシニア対象でなきゃ無理なわけだ・・・と

というわけで・・
とても興味をもってるのですが、ゲーム機がないので、参加はむずかしいようだ。わざわざ買うのもなんだし・・

どんなことするのか、知ってる方いらしたら、おしえてくださいませ。


宇都宮のユーモナスというセミナールームでしてるそうです。
ご存じの方いらっしゃいますか?

by hanz01jp | 2015-04-27 13:07 | 英語学習 | Comments(0)

えいご工房 0424   

今日の会話・・お腹をこわしたとき・・
I might have eaten something bad
でいいそうです。

たしかに・・I have a stomachache は・・胃がいたいだから・・ちとちがうな・・
で・・腸のことは、intesitineだそうで・・

なるほど、よんでいたら・・ふと思ったことがあった。
なんでも、記者の方、トルコでおなかをこわされたそうで、で、トルコの民間療法で、
そういうときは、「どろっとしたトルココーヒーに、レモンをたっふあ゜りしぼってのみせばいいよ」といわれたそうで・・

Could I have a cup of TUrkish coffee and lemon?とレストランできいて、
状況がわかり、Oh, I'm sorryといいな゛からウェイターの方がもってきてくださり・・
で、「効果覿面」だったそうだ・・

が・・・うん?ドロットしたトルココーヒー???
e0147742_14345488.jpg


うちにはトルココーヒーのセットあります。コーヒー豆もあります。淹れ方もおそわりました。・・で、ドロッとしてないんだけれどなあ・・・。

by hanz01jp | 2015-04-24 14:35 | 新聞 | Comments(0)

今日はearth day 地球の日   

今日はearthday 地球の日です。
ウィキペディアによると

アースデイ(別名:地球の日、英: Earth Day)は、地球環境について考える日として提案された記念日である。4月22日のアースデイが広く知られている。


とのことです。

earth dayなるものを私がしったのは・・本とかではなくて・・
東京で、とある日曜イベントがおこなわれていて、しったのでした。
で、2015年のearthday イベントは東京では、先週の土・日だったようですね。

アースディ那須が、5/23 5/24に開かれるようですよ・・。


by hanz01jp | 2015-04-22 09:43 | 季節 | Comments(0)

今年度の活動   

今日は、今年度の活動の「なんとなく」の相談会でした。

今年度も3つの保育園で、メンバーが英語絵本を中心とした英語活動に携わることになりました。

一方で、
偶数月の第3木曜・・・子育て竹林サロン 11時より英語活動。 --次回は6/18
奇数月の第3日曜・・東図書館 11時より英語絵本読み聞かせ --次回は5/17

は、メンバーが行います。参加自由ですので、興味ある方は、参加してください。

で、さらに、まだ試験的ですが、
来月は5/19 火曜、11時から、 東図書館で、「英語絵本紹介」という形で、読みきかせコーナーで、英語絵本をメンバーで紹介していきます。
当日の館内放送で、まあ、いらした方をみて、本を紹介していこうとおもっています。
興味ある方、いらしてくださいね。

とまあ、こんな感じで、のんびり、「英語絵本活動」していきます。
みなさん、よろしくお願いします。

なお、5月の第1火曜の、Miekoさん宅絵本の会はありません。6月、興味ある方いらしゃっまいしたら、開催しますので、その場合は連絡くださいませ。

by hanz01jp | 2015-04-21 17:43 | 英語絵本ワークショップの会 | Comments(0)

成田空港にて   

約一週間、Jan滞在です。オントシ・・・と書いたらおこられるかな?まあ、いいか日本語だから。いや、数字はみれるか。73。
この一週間、私もバケーションとしました。・・が、通常の日々より、タイトな日々でしたが。

最後の日は、飛行機の時間もあって、相方さんも一緒に、成田空港のそばのホテルにとまることにしました。
最上階のBARなんぞにいって・・・バケション気分満載。
外国の方も多く、「いろいろな言葉」がとびかっていました。

e0147742_12570144.jpg



私の時代?・・っていつのことかは不明確ですが、
「英語ができる」・・・ということは「すごい」「頭がいい」「いい仕事につける」(お給料がいいかどうかは別かもしれませんが、イメージとしては、高サラリー)でした。
で、私は英語ができなかったので、(なぜか、今は英語にたずさわっていますが、)あこがれたものです。

で、その影響で、いまでも、なんとなく、「英語ができること」=「頭がいい」「先端の仕事をしてる」
というイメージがまたあります。

とくに、この宇都宮にいると、たぶん、英語がフォーカスされる職業の方でないと、英語を使う機会があまりない気がするからです。

でも、成田はちがった。英語は本当にツールだった。

この一週間、なんとなく、「通訳」することがおおかったので、そのくせで・・

ホテルのフロント係の方の説明を英語に・・と思ったけれど・・
「あ、そちらの方が、英語できますよね」と・・いったら、「いえいえ、とんでもない」
といいながら・・・・きれいな英語で説明。かれはそのあと中国語でも対応していた。

成田空港でもそう。
チェックインカウンター・・こちらでは、・・・新人らしい女の子が、がんばってた。
(こちらは、自分で笑ってしまった。だって、日本語でもどうすればいいか・・わからないんだもの。
なんせ、海外旅行なんて、ほぼしないし。)
そのあとの、荷物の預けもそう。
どうも、Janはそこで、チケットのグレードupをしたかったらしいが・・というが、これについても、そのシステムを知らない私は説明できない。・・・勝手に会話してた。

そういえば、卒業生が、「空港で働くのもいいな」といっていた。(空港勤務に強い大学が東京にある。・・結局彼女は、中国語を勉強することをえらんだんだけれど。)

ちょっと外をみると、英語はツールとして使われてる。
でも、やはり「話すツール」だから、ここ宇都宮で、「モチベーションをあげろ」というのはむずかしいかもしれないけれど・・

できるにこしたことはない・・と実感。
まあ、「できるにこしたことはない」・・というものはたくさんあるけれど・・

たとえば、車の運転。東京では、「できるにこしたことはないけれど、車もってないし」
こちらでは「車なくてもどうにかなるけれど、基本もってたほうがいいし」

とたとえは上手でないけれど、車のかわりに英語をでつかうと、都市名がひっくりかえるなあ・・・

なんて、思いながら・・・成田空港にいってきました。

by hanz01jp | 2015-04-20 13:42 | 一人ごと | Comments(0)

AikenからJan 来宇   

e0147742_15454739.jpg
マスターズゴルフで、松山くん?が5位にはいりました。そのマスターズが、開催されてるすぐ近くの町Aiken からJanが我が家にやってきます。
最初に我が家に来てくれたのが、15年くらい前?そのときすでに「シニアのホームステイ」というプログラムでした。で、ゲストはシニアだけれど、お子さんのいる賑やかな家もいい、ということで、我が家に。あの頃子供たち小学生。

今回の目的は、うちの孫に会いにくること、

ーーーってじゃn 一体今いくつだっけ?

というわけで、今週は、レッスン、ボランティア、すべてお休みで、Jan対応一週間となります、
blogもちょっとお休みかな?



by hanz01jp | 2015-04-13 15:53 | 一人ごと | Comments(0)

英語工房 0410   

e0147742_10384301.jpg

今日もなかなかむずかしい。

今日の一言会話は、こちら。

Could I have plain water without bubbles?

うーーん、plain waterとは・・しらなかった。

mineral waterでいいのでは?とおもったら・・こちらは発音が意外にむずかしく通じないばあいがあるそうですよ。

でもって、without gasでもいいだろうし・・また味付けがきらいだったら・め
non-flavored waterです。

flavor--e--dがつくのを・・・忘れる。

by hanz01jp | 2015-04-10 10:38 | 新聞 | Comments(0)

スノードームって?   

ふとしたことから、スノードームの話しになった。

というか、・・私は「スノードーム」という言葉をしらなかった。
なぜ、この話しというと、おみやげにもらったという話しを、中学生がフィリピンの人に話そうとしたのだが・・

スノードームというがわからない。
で、英語では、snow globe というのだとわかった。・・が・・snow gloves と勘違いされ・・

うーーん
英語の説明もむずかしそうだ・・、ウィキペディアから・・

A snow globe (also called a "waterglobe", "snowstorm", or "snowdome") is a transparent sphere, usually made of glass,enclosing a miniaturized scene of some sort, often together with a model of a landscape. The sphere also encloses the water in the globe; the water serves as the medium through which the "snow" falls. To activate the snow, the globe is shaken to churn up the white particles. The globe is then placed back in its position and the flakes fall down slowly through the water. Snow globes sometimes have a built-in music box that plays a song. Some snow globes even have a design around the outerbase for decoration.

こうなると・・・実物をみせてほうがいいにきまってる。
そしたら・・・こちらのサイトみつけた。・・・今年度のクリスマスはクッキーでなくて、こちらかな


ついでに、snowつながりで、「ほっかいろ」の話しがでたが・・まあ、heat pad ? heat compress?
といってもなあ・・どうも「張るほっかいろ」は日本独自のものらしい。

張るが・・・むずかしい。paste-on heat pad? で通じるかな?こちらも実物みせないとむずかしいなあ・・。

by hanz01jp | 2015-04-09 11:43 | Miekoおばさん教室・サロン | Comments(0)

読売ワークシート通信   

e0147742_09503283.jpg
水曜は読売ワークシート通信配信日。
中高生用英語シートを、大人クラスでたまに使う。

今日のトピックは、Senbatsu だった。

予習で読んだが、野球用語がわからず、自分に苦笑。
たぶん、 私と同じだから、 日本語解説のほうが、長いだろうな。

でもおかげで、 知識がついた。

一方、時事もんの配信も今日ーーーこちらはどなたでも見れます。
話題を広げるために、トライ。




by hanz01jp | 2015-04-08 09:50 | Miekoおばさん教室・サロン | Comments(0)

来春からの教科書   

新聞で、来春からの教科書は、2020年のオリンピックを意識したものになる・・という。

「東京」では・・五輪でのボランティアガイドを希望する生徒が多い・・ともかいてある。
いや、正確には「東京では」とは書いていない。東京のとある中学名がかかるてる。

たしかに、世の中に、「五輪を1つの目標に英語を習得しようーーー」という意識があることは確かだ。

「外国人」に多くふれる機会があるところはそうだろうな・・。

成田エクスプレスにのると、コーヒーいかがですか?とまわってくるが、もちろん、英語での対応OK。
新国立美術館で、何気なく守衛さんに道をきいても、「英語」での対応OK、

こういういい方は失礼だが、「え、こんなところで、できちゃうの?」という場面に遭遇する場合がある。

でも、よく考えたら、彼らは仕事だし、そう、私たちの中学までの義務教育で、「後から」でも、「必要な会話」はおぼえられるはず・・・好き嫌いは別にして。

そこに「オリンピックだから。。。。」と・・・いっても、直接関わらない地域も多い。いや、オリンピックが開催されるのはうれしい。

もちろん、栃木県の『日光』には、観光客が増えるかもしれない。だから、「日光」では、「五輪を1つの目標に英語を習得しよう」はいいかもしれない。

でもそうでない地域は??

というか、今、英語の点数がとれる・とれない・・で差別化されてるわけだけれど、今度は、英語がしゃべれる、しゃべれない・・で差別化されていくんだろうな。
で、このしゃべる・しゃべれない、は声にでないと、判断できないわけで、ここには性格もからんでくるわけで・・

「人、それぞれできること、できないことがあっていいんじゃない?」
と昨今思うのだが・・

で、できることは、できる人にまかせて・・

それは「ツール」として使えるかどうかのはずだから、それとは別に、義務教育の間に
なんか、違う視点で、「英語」なるもの楽しめるといいなあ・・と思うのですが・・

もちろん、「学問」としての英語は、大学で専攻すればいいんだけれど・・
とうも、「ツール」としての英語が強調しすぎられてるような・・
ツールとしての英語は、そのうち、ドラエモンじゃないけれど、自動翻訳機ができるかも・・
それより、何が伝えられるか・・でしょ。

うーーん、話しが支離滅裂。

by hanz01jp | 2015-04-07 12:16 | 一人ごと | Comments(0)