2019年 05月 21日 ( 1 )   

フィンランド教育講演会   

5、6月情報

6/4(火) Miekoおばさん英語勉強会 Miekoおばさん宅
 10:30 から、英語で俳句をつくってみよう。(歳時記と辞書持参のこと)
 13:30 から、英語絵本、音節意識して読んでみよう
 いずれも、参加費500円、資料代などは別途となります。


,6/18(火)
 11時〜11時30分 東図書館にて、英語絵本紹介


5/28(火), 6/25(火)

10:30から 笑いヨガ(英語は、関係ないんですけどね。)参加費500円、Miekoおばさん宅。


なお、毎週水曜午前中、「カードあそびをしながら英会話」随時開催。参加費500円、Miekoおばさん宅。(要予約)



facebookサイト、できています。 こちらです。
e0147742_07431993.jpg
ご縁があって、こちらの講演会、聞くことができました。とてもいい講演会でした。
「冷静」な、事実を淡々と述べた講演会で、とてもよかったです。

フィンランド教育、というと、 「すばらしい」なという印象が先行します。そういう記事も多いです。



実は フィンランド教育のお話しは、これで2回目なのです。最初のは 「女性が働く」なということと関連していたのですが、「働ける」なというのではなく「働かざるおえない環境から始まってる」とと、フィンランドの方による、冷静なお話でした。

今回のも「教育改革せざるおえない」とということから始まって、今がある、と、「勉強ができる国になろう」ととしたわけではない。という事実から紹介されてました。

冷静な、とてもいい講演会でした。

徴兵制度がある。 税金は高い。
たぶんこのことはピンとはこない方多いのではーー私はそう。この日本にないことを考慮しないで、フィンランドの教育を全肯定するのは、難しいのだろうな、と今回も思いまし、危ないな、とも思います。

で、英語に関しては、「日本とは違って使える英語が身につきます。」ととらえた方、多いと思うのですが、講演者、しっかり 話されてます。
日常「英語使えないと仕事がないので」。
これが、 また大きな違い。
日本はまだ「使えると、仕事の幅広がりますよ」だから。
EUがあってのフィンランド。自国ではなく、 外の国に出て働いている人多いだろうし、そして、出張は違う国。使わざるおえないのです。
学校に英語任せてるのでなく、個人が必要だから、身につけざるおえないのだと思います。

今、「比較せず、 画一化せず、子供の「個」を受け入れよう、」と言われますが、どこかで「日本人は日本で皆同じ」を大人の人が、思ってるから、なかなか、そうはならないのでしょう。いや、逆か、画一化教育が疑問視されていけば、「日本人たるアイデンティティ」も問い直される時が来るのかも。(戦争とは結びつけずに。)

教師の質が高いし、人気の職業。
というのも、「休みが多い」というのも人気のお店理由だそうです。で、責任の取り方も違う。これについては、他のヨーロッパも同じはず。「授業終われば、責任おしまい」「学校外は親の責任」。日本の教師に対する過重責任は、最近話題になってますね。

で、さらに、「学力高い」と言われてますが、実際そうなのですが、大学の論文数になってくると、日本6位に下がったとはいえ、日本が上位ですし、フィンランドは入って来てません。
なんで??? 基礎学力の後、「働く」という考え方が、違うからでしょう。研究が好きなのも一つ、技術をみにつけて働くのも一つ、「大学」との考え方が違うのでしょうね。(フランスもそうかな、ただ、フランスは研究論文多いですが)

そんなこと再度考えさせてくれた、いいひと時でした。ーフィンランドのお菓子付き。
e0147742_08004022.jpg



にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ
にほんブログ村

 / 勉強記録(やったものに○をつけます。)
英検2級
英検準1級
英検1級
すらすら会話
英単語
英文日記
ニュ-ス読み

by hanz01jp | 2019-05-21 07:52 | 勉強会・ワ-クショップ | Comments(0)