2019年 05月 30日 ( 1 )   

思いを、言語化できない小学生   

6月情報

6/4(火) Miekoおばさん英語勉強会 Miekoおばさん宅
 10:30 から、英語で俳句をつくってみよう。(歳時記と辞書持参のこと)
 13:30 から、英語絵本、音節意識して読んでみよう
 いずれも、参加費500円、資料代などは別途となります。


,6/18(火)
 11時〜11時30分 東図書館にて、英語絵本紹介


6/25(火)

10:30から 笑いヨガ(英語は、関係ないんですけどね。)参加費500円、Miekoおばさん宅。


なお、毎週水曜午前中、「カードあそびをしながら英会話」随時開催。参加費500円、Miekoおばさん宅。(要予約)



facebookサイト、できています。 こちらです。


おしゃべり好きな子、まずは思いついたことがそのままでてくるお子さん多いですがーーー
と思っていたのは、ちょっと前までで、なんとなく、最近、静か、というか黙ってるお子さんおおいようなーー。

いや、 少しずつ増えていて、中学ぐらいから、「考えない」とようになって、高校になると「意見がない」というか、周り同調型??周りお任せ型、が増えているような気がします。

いえいえ、これ、大人の世界は当たり前で、「子供の頃は、あんなにはっきりいえたのに」と、「言わないのが得」とになりのーーーで、60すぎると痴呆症になる。おっと、話が飛躍しました。

戻して、
それにしても、思いを「言語化」するのが、不得意なお子さん増えているような?

ネット記事で、考えてみました。







話が、めちゃめちゃ飛びますが、黙るお子さんは、「どういう結論を言えばいいのかわからない」と、思いとは別に、結論を探そうとしてる場合もあります。
すぐに「わかりません」というと「もうちょっと考えなさい」とと言われる場合多いですし、何でも早く結果求められる系恋にありますから。

計算の「仕方」がわからないのか、「どんな」計算すればいいのかわからないのか、問題の「意味」がわからないのか、何がわからないのか考えているので、黙る。(何がわからないのかわかれば、ほぼ解決なんですけど)。で、最初の「わからない」をいう機会を逃し、「黙る」。「何がわからないかを考えてもわからないから黙る」、当たり前なんですけどね。
わからない、と言えないから、黙る。

起承転結の結果ばかり、すぐに求める傾向がある教育の弊害かなーー。
次の話しはただ面白かっただけ。



教育相談室からのレポート紹介しておきます。


知人から、こちらのサイトも紹介していただきました。印刷して、教室で、遊んでます。


にほんブログ村 英語ブログ 英会話サークルへ
にほんブログ村

 / 勉強記録(やったものに○をつけます。)
英検2級
英検準1級
英検1級
すらすら会話
英単語
英文日記
ニュ-ス読み

by hanz01jp | 2019-05-30 07:55 | Miekoおばさん教室・サロン | Comments(0)