カテゴリ:一人ごと( 47 )   

Japanese Picture Books A Hit in China!   

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/radio/focus/201510090558/

NHKworld radioで放送されていたトピックです。おもしろかった。


年に一回、宇都宮市国際交流協会主催で、「絵本で世界を・・」というイベントで(今年もあります。11月29日日曜、午後、東図書館です。)

中国の方と話していた時・・「中国に絵本というものはあまりないんです。」という話しを聞きました。・・・まあ、いろいろな革命ありましたから。

でも、漢詩の世界のお話しを紹介した覚えがあります。


で・・いま・・中国もかわってきたんですね。
西洋でなく、日本のがヒットというのがおもしろい。



by hanz01jp | 2015-10-15 15:28 | 一人ごと | Comments(0)

赤ちゃんの子育て・・   

ちょっと一人ごと・・・ここのテーマのひとつが「子育て」だし、「おばあちゃん」なので・・
自分で笑ってしまうが、「おばあちゃん」になってから、自然と子育てブログを読んでーーしまいます。
そう、しまいます、というのが正解です。

自分が子育てしてるとき、こんなに、情報あったかな?
とおもいながら、『なるほど』
とおもいがてらーー


『なんかな』と思う時もあるんですよ、
これ、ひがみ?(自分の子育てでできなかったことがかいてあるから?)
とおもうこともあれば、事件は現場でおきてるーーじゃないけれど、「心理学の本にあてはめてみると」ーーとなるとーーなんかなあーーとおもうこともある。

すーーとはいってくることもあれば、かちんとくることもある。
かちんとくるなら、それをよまなければいいのでしょうが、カチンとくることほど、自分がひっかかってるところらしいから、スルーしてももったいないしーー
ああ、そうしてればよかったんだろうなーー
と思う部分でもあるんだろうなあ。



とかおもいながら、結局読んでいます。

小さい時に⚪️⚪️しなかったからーーこうなったーーというのは、多分いつでも言われることだけれど
小さい時から⚪️⚪️してたから、ーーこうできたーーというのもふりかえってみれば、そういえることもあるけれど、

でもね、お母さんもお父さんも一生懸命ーーなんですよ。それではだめなのかあーーーいまの時代。
ーーーとただ、かわいがっていればいいのが、おばちゃんなのかもしれませんがーーー。
28と26になった娘達みて、もっと⚪️⚪️させていたら違ったかもーーとおもわなくもないけれど、でも、『どうにかしてる』から、『子育てしたな』と思ってる自分です。

自分の子供以外にも、高校生までで通ってくれて、で卒業?していき大学または専門学校に行き、社会人になっている人達を何人か見いますがーー

思うことは、イキイキお母さんであれば、どうにかなってます。ーーどうにか、という表現はよくないか?みんなそれなりに自立してます。ーーああ、○大学卒業とか官僚とか、超有名企業就職、とかは無理だったけれどーー

ーーーー基本学歴にこだわる?あこがれる自分ですので、ちと書いてしまいました。



というより、この後「いきいきシニア」になれるかーーそこが問題です。

いきいきママさん、パパさんはいるのですがーーいきいきシニアーー少ないかも。

シニアがかがやかないと、ママさんたち、パパさんたち、いやいや、若い人達が、楽しくならないですよ。

子育ておわったら、介護かーーーではーー
いや、それも現実ですが、それでもーー
一人黙々と過ごしている方が多いような気がします。

とりあえずいただけそうな、年金で、シニアはシニアなりのお金の使い方で、楽しくすごしましょうよ。
ーーーそんなブログないかなーーー。

趣味blogでなくて、「おばあちゃん 物申す」みたいなブログ。

えーー自分がかけって?うーーんまだその境地に達してないんだなあーーー。


by hanz01jp | 2015-10-01 13:58 | 一人ごと | Comments(0)

シニアの方と英語はーーー   

報告が遅れました。
連休前の月曜日、無事3行詩のワークショップ終了。講師ふくめて4人でした。

その中のお一人が、 高根沢で、シニアの方達の集まりどころを、介護とは違った意味で作られようとしているのですが、

「英語3行いかがです?」
とちらっときいたら、
「絵、英語? かんけいないですよ。」

とさらりと否定。


うーーんーーーそうきたかーーー


英語で、英語絵本で、

勉強とは違った、

なんかちょっとインテリのシニアの集まりーーつくりたいのになあ


だから、 読売新聞の中高生版とりはじめたのですがーー


英語絵本で、 または子供英語新聞で、 ああ、こんなこと、絵本で紹介されてるんだ、 日本のこと世界に紹介されてるんだーーとみてみたい方ーー

第一火曜いらしてくださいな。
今日はひまなのでーー、一人ーーー美術館でも行ってみようかな。
ーーあきですから。

e0147742_08101312.jpg



by hanz01jp | 2015-09-29 08:10 | 一人ごと | Comments(0)

ちょっと一人ごと -3-   

一人ごとのつづき・・
夏休みにはいって、小学生にはちょっと違う宿題をだしています。
で、この前「なんちゃって発表会」しました。

それぞれのレベルで、いい発表ができました。

ポイントは「それぞれのレベルで」というところです。

学年別にみてしまうと、正直、「わ、すごい」と思われる人もいるけれど「え、こんなもの」という人もいます。
学習年数がちがうからです。

ただ・・・学習年数・・と一言でいいますが・・教室にきてる年数ではありません。自分でとりくんだ年数です。

5年生からはいってきた小6の女の子。
こんなことポツといいました。

『先生、この宿題2時間もかかったよ』・・・ディクテーションの宿題をだしたんです。
がんばってやってきました。もちろん「すごい」んです。ほめました。

ただ・・その女の子。「こんなに勉強したのはじめてだよ」・・といっていました。
(保護者の方は働いいるので、自分で全部やってきました。)

で、思わずきいてしまいました。え?学校とか他の宿題は?
「学校の宿題は10分でおわるよ」

2時間勉強すればいい・・というわけではないんです。
一方で、毎日塾で、普通に机に2時間以上むかっているお子さんもいます。

この女の子はすごいんです。夏休みだから、「時間」もあるので、きっちりむきあって宿題こなしています。
これを続けていこうと思っています。
で、できたからいいんです。

ただ・・・こういう経験が、後になれば後になるほど・・
俗に言う「学力の差」というのは・・どんどんひろがっていくんだろうな・・とも思います。

「勉強ばっかりさせて・・・」という話しもききます。けれど、「勉強する(自分で)」という経験?習慣?をもたないまま・・中学にいくお子さんも・・・けっこうみます。

塾にいく、いかないまたは、塾にいける、いけない・・経済格差の話しではなく・・
環境なんだろうな・・・が、その環境が・・また・・経済格差が関係するのかな?

とりあえずNちゃん・・がんばれ・・。

by hanz01jp | 2015-08-05 09:15 | 一人ごと | Comments(0)

ちょっと一人ごと -2- 児童英語講師・・って   

神田外語セミナーの話しの続きです。

「絵本で感情表現」という講座をうけてきました。そこで、児童英語講師とは・・・の講師の定義が紹介されていました。

正直・・びっくりしました。

私が、「子供(自分の)と英語活動(勉強)しよう」とおもったとき、まだ「児童英語講師」という言葉はありませんでした。
それが・・まあ、今は1つの職業として定着したのがですが・・・

その定義が
1,子供にとっての最初に英語をならう人である。
2,異文化を体験させられる。
3,子供の居場所。

1はわかる。
2もわかる。

びっくりしたのは、3です。
英語なら、「いっぱい自然にほめてあげられる」 「いろいろな子供の個性を勉強でないので受け入れられてあげる」
と紹介されてました。

あれれ?神田って、小学校英語の先生も対象にしてるはずなのに・・・とおもい、この時点ど、小学校の先生がおしえる英語と、児童英語講師はちがう」と認識しました。

そして、英語塾の英語(英検対策などの)の先生と児童英語講師もちがう・・と認識しました。
でも、この「児童」・・・って何歳までをいうのかな?


親がもとめるものと、「児童英語講師」の定義もちとずれてるような・・・

さてと、私の場合は・・たしかに英語も異文化も居場所も提供してるけれど・・・うーーん、そんなにほめないし、そんなに外国文化でもないし(私自身が子供たちには異文化らしい。英語の先生は今は幼稚園、小学校でネイティブに接してるし・・・保育園はすくないけれど)
単純に「教育おばさん」のような気がしてる昨今です。

by hanz01jp | 2015-08-04 09:05 | 一人ごと | Comments(0)

ちょっと一人ごと -1- 世の中・・・って・・   

夏休み、保護者の方とお話ししたり、小学生はなんちゃって発表会、中学生は暗誦大会、そして高校生は、神田外語やらディベート大会など・・まあ、いつもとちがった活動をしている、教室なんですが・・

ちょっと一人ごと。

高校生と、神田外語主催のenglish liveにいってきました。宇都宮では開催していないので、大宮で。
あいかわらず、すごい講師陣、豪華お弁当(今回はピザではなかった。)一日十分に楽しめますし、お勉強もできます。・・・これが無料。
(まあ、その分、実際の学校の授業料と、講師のお給料などなどから・・この費用はでているのでしょうが・・)

とにかく、ここにきている人達・・(たぶん、埼玉が多いかな?でも、栃木の人もけっこういたような・・ただ、「宇都宮」というのはあわなかった。栃木市・・の人達は多くおみかけしました。)

「英語をしゃべろう」とする高校生達、で、実際できる「大人」の方たち。

ふだん、ボーっと生活していると、英語つかわないんですよね。
あたりまえですが・・
だから、「オリンピック」だのなんだの・・いっても・・外国語ボランティア募集といっても・・・
「わざわざでかけていく」元気がないと、なんかピントこない。

でも、ちょっとみると、使う人は使っている。
で・・

そう、「英語」を「共通語」としてつかってる・・ということ。
大人講座で・・・「なんでいらっしゃいましたか?」というときに、「インドの人と交渉しないといけない」とか、「ヒスパニック系の人と話す必要がある」とか・・そう、「ネイティプと話したいから」ではなく・・
違う国の人と話す機会が・・実はちょこちょこ隠れている・・ということ。

「宇都宮」だけをみてるなら、英語いらないかもしれないけれど・・
英語できたら、「宇都宮」だけを見る必要がないかもしれない・・

おもしろかったのは、イントネーション、発音、そして、アナウンスのしかた、が「通じる英語」には大事だけれど・・いの一方で、「しつこいくらい」の 5w1hをいれた、文をしゃべることが、異文化の人とわかりあうこつです。・・・

これ・・・異文化の若者とも同じなんですけれど・・

追伸・・トーストマスターズのメンバーふえないかな?

by hanz01jp | 2015-08-03 09:52 | 一人ごと | Comments(0)

これからの英語・・・   

他者はわからないが、読売新聞が英語に力をいれているのは、わかる。

------------
読売新聞は英語学習を強力にサポートしています。
読売新聞が発行する英字紙「ジャパン・ニューズ」(http://the-japan-news.com/)は、読売新聞の取材網が集めた旬のニュ
ースをバランスよくお伝えします。時事問題や社説を日本語と英語で比較しながら読むことができるほか、毎週金曜日には映
画のセリフ解説など楽しみながら英語を学べる「JN Learning Lab」面も。4月から読売新聞本紙でも英語学習面「えいご工房」をスタートし、過去1週間の英文記事からよりすぐりの1本を紹介しています。
英語力が必要とされる時代です。学校の授業で、企業の研修で、ぜひジャパン・ニューズをご活用ください。
---------------

こちらでも紹介してるえいご工房、また、教室でとっている読売ワークシートなどの英語は・・正直、「こういうレベルを必要としてるのか」・・・と教育格差だかなんだかわからないが・・私のいる環境からすると・・「すごく上のれべる」であることは事実。

私が子供たちと英語はじめたころは、「英語をしゃべる」というよりは、・・まあ、そういう機会があったらいいけれど・・なんとなく「英語ができる子がいいなあ・・・」とおもってはじめた。
それは、結局英語の成績がいい・・ということであり・・・それは、結局は読み書きができるということにつながった。
これはこれで、こんなにインターネットが普通になるとはおもわなかったので、仕事でも趣味でも海外の記事が読める・・ということは・・とても助かるので多いに役立ってると思う。
その当時「一体何人の人が英語をしゃべる時があるのだろう?」と友人たちと話していた記憶もある。

が・・いまは・・・
都会にいけば、本当に「外国人」の人が多いので、共通語として、簡単な英語ができたら、確かに便利だろうし、また「使うべし」だろうが・・
まだ地方はなあ・・

・・・・が・・・
これだけオンライン英会話などがはやってくると「しゃべれなれる」ということは・・「外国に気楽にいってこよう」・・・という気にもなるんだなあ・・・と思った。外国・・って別に英語が母国語の国の言葉ではない。

この春大学生にはなったが、Hちゃん・・いや・・学校の成績はそんなによくない、学校もけっして「進学校」というわけではない・・・でもって、うちの生徒「だから」そんなにペラペラしゃべれるわけでもない。がうちの生徒「だから」・・なんか「どうにかなる」と・・

韓流スターが好きだから、とツアーでもなく、なんか勝手にファンクラブサイトから(韓国語と英語だったらしい。場合によっては日本語あるけれど。)・・「英語方ことで通じるから」・・・と・・・高2、高3と、ひょいといってしまった。で・・空港やら駅やらで、いろいろトラブルはあったらしいが、お互いよくわけのわからない「英語」をつかって、どうにかいや、楽しく帰ってきた。

・・・まあ、それが縁で?いや、ちがうか・・中国語学科にすすんだが・・・

勉強ができる、ということと、英語をかたことしゃべれる「自身」がある、ということは、どうもちがうらしい。

このところ・・・うーーん・・・・と子供たちと接していて思うのだけれど・・
ただねえ・・やっぱり「楽しい」のがいい。
「英語しゃべって、いろいろなひとと話せるのは、楽しいよ」

それは本当かな??

基本英語のお勉強もおしゃべりもできない、次女さん(あ、長女もだけれど・・)、母になって、別に教育ママではないけれど、「みんなで(ママ友)、楽しくなにかDVDみてするとしたら・・やっぱ英語かな?」とかいってきてるので・・
「え?おかしくない?」
といったのだが・・

たしかに、英語の歌きいて、ちょっとおどって、ちょっと本読んでは、「リズム」があって、またリトミックともちがって、楽しいんだよね。

・・・と支離滅裂な一人事でした。

「楽しい」という気持は・・・とにかく、忘れないでほしいな・・・
だって、コミュニケーションのツールだから。

by hanz01jp | 2015-06-01 19:05 | 一人ごと | Comments(0)

こちらのblog紹介しておきますね。   

まあ・・「英語絵本ワークショップ監修」の本がでたら・・すごいけれど・・どうも「何をするのか」わかってない買いなので・・・むずかしいかな?

で、こちらの方は本をだしてらっしゃいます。
カルフォルニアばあさんのblog

料理本です。
アンダーソンさんもそうだけれど、なんか、blogから料理本になるかた、いらっしゃるもんなんですね。
アンダーソンさんの場合は、blogを通じてしりあったのですが・・いまでは・・本当にお仕事がお忙しくなられたようで、blog更新は、ほとんどなくなってしまって、残念です。

で、こちらの料理レシピは・・なんと・・英語でも紹介されています。ですから、英語でよんでみて・・つくってみるのは・・いいかも。

というか・・どなたか、いっしょに「解析」して、「料理」つくりましょうよ・・・
できるのは、やはり第一火曜日になるのですが・・いかがですか?

by hanz01jp | 2015-05-25 18:17 | 一人ごと | Comments(0)

成田空港にて   

約一週間、Jan滞在です。オントシ・・・と書いたらおこられるかな?まあ、いいか日本語だから。いや、数字はみれるか。73。
この一週間、私もバケーションとしました。・・が、通常の日々より、タイトな日々でしたが。

最後の日は、飛行機の時間もあって、相方さんも一緒に、成田空港のそばのホテルにとまることにしました。
最上階のBARなんぞにいって・・・バケション気分満載。
外国の方も多く、「いろいろな言葉」がとびかっていました。

e0147742_12570144.jpg



私の時代?・・っていつのことかは不明確ですが、
「英語ができる」・・・ということは「すごい」「頭がいい」「いい仕事につける」(お給料がいいかどうかは別かもしれませんが、イメージとしては、高サラリー)でした。
で、私は英語ができなかったので、(なぜか、今は英語にたずさわっていますが、)あこがれたものです。

で、その影響で、いまでも、なんとなく、「英語ができること」=「頭がいい」「先端の仕事をしてる」
というイメージがまたあります。

とくに、この宇都宮にいると、たぶん、英語がフォーカスされる職業の方でないと、英語を使う機会があまりない気がするからです。

でも、成田はちがった。英語は本当にツールだった。

この一週間、なんとなく、「通訳」することがおおかったので、そのくせで・・

ホテルのフロント係の方の説明を英語に・・と思ったけれど・・
「あ、そちらの方が、英語できますよね」と・・いったら、「いえいえ、とんでもない」
といいながら・・・・きれいな英語で説明。かれはそのあと中国語でも対応していた。

成田空港でもそう。
チェックインカウンター・・こちらでは、・・・新人らしい女の子が、がんばってた。
(こちらは、自分で笑ってしまった。だって、日本語でもどうすればいいか・・わからないんだもの。
なんせ、海外旅行なんて、ほぼしないし。)
そのあとの、荷物の預けもそう。
どうも、Janはそこで、チケットのグレードupをしたかったらしいが・・というが、これについても、そのシステムを知らない私は説明できない。・・・勝手に会話してた。

そういえば、卒業生が、「空港で働くのもいいな」といっていた。(空港勤務に強い大学が東京にある。・・結局彼女は、中国語を勉強することをえらんだんだけれど。)

ちょっと外をみると、英語はツールとして使われてる。
でも、やはり「話すツール」だから、ここ宇都宮で、「モチベーションをあげろ」というのはむずかしいかもしれないけれど・・

できるにこしたことはない・・と実感。
まあ、「できるにこしたことはない」・・というものはたくさんあるけれど・・

たとえば、車の運転。東京では、「できるにこしたことはないけれど、車もってないし」
こちらでは「車なくてもどうにかなるけれど、基本もってたほうがいいし」

とたとえは上手でないけれど、車のかわりに英語をでつかうと、都市名がひっくりかえるなあ・・・

なんて、思いながら・・・成田空港にいってきました。

by hanz01jp | 2015-04-20 13:42 | 一人ごと | Comments(0)

AikenからJan 来宇   

e0147742_15454739.jpg
マスターズゴルフで、松山くん?が5位にはいりました。そのマスターズが、開催されてるすぐ近くの町Aiken からJanが我が家にやってきます。
最初に我が家に来てくれたのが、15年くらい前?そのときすでに「シニアのホームステイ」というプログラムでした。で、ゲストはシニアだけれど、お子さんのいる賑やかな家もいい、ということで、我が家に。あの頃子供たち小学生。

今回の目的は、うちの孫に会いにくること、

ーーーってじゃn 一体今いくつだっけ?

というわけで、今週は、レッスン、ボランティア、すべてお休みで、Jan対応一週間となります、
blogもちょっとお休みかな?



by hanz01jp | 2015-04-13 15:53 | 一人ごと | Comments(0)